専業主婦の不満

MENU

専業主婦の子育て

専業主婦はどうしても毎日の過ごし方が単調になりがちですよね。
私は子供を出産するまでは会社に務めていましたが、出産が近づいてきたので退職した時、時間をどう使って良いのかわかりませんでした。

 

誰かと話そうにもそれまで朝から夜遅くまで働いていたためご近所の人も余り知らないし、夜遅く帰ってくる夫は疲れてほとんどしゃべらないし…。夫は朝早く朝食を取らずにでかけ、夜はよく同僚と飲みに行ってから帰ってくるので1日3度の食事を1人でとるのはかなり寂しかったのを覚えています。

 

子供が生まれてからも、不安でいっぱいの状態でほぼ1日中赤ん坊だけと向き合うような状態で、ちょっとノイローゼっぽくなったりもしました。

 

そういえば、私が会社員だったころの同僚(年上の男性)が、「うちの嫁さんは子供を保育所に預けて働いていて良かったって言ってるよ。1日中赤ん坊と2人きりで過ごすのはしんどすぎるって」と話していたのを思い出します。

 

もちろんそこの家庭は夫婦で家事と子育てを協力してやっていたので、子供を保育所に預けて働くことが可能になったのですが。
1人で家事をしながら赤ん坊の面倒を見るのは本当に大変。体力的にも精神的にも追い詰められます。

 

こんな時、本当にどうすれば良いんでしょうね。当時は夫に対してかなり不満を抱いていましたが、今にして思うと、夫も仕事の責任がだんだんと重くなってくる年令だったのでやはり私には見えない苦労がいろいろあったのではないかと思います。

 

ありきたりな言葉ですが、地域ぐるみの子育てみたいなことが実現すればこういう不満っていうか、専業主婦の辛さみたいなものは解消していくなじゃないかなと思います。