消費者金融 専業主婦

MENU

周りの人からの目線が冷たい

以前は、仕事をしながら、主婦業をしていましたが、残業が多く両立が難しくなったので、専業主婦になりました。
専業主婦になって思うのは、肩身が狭いこと、周りの人からの目線が冷たいことです。

 

仕事をして、お金をもらっていない分、自由になる時間は多いのですが、昼間に公共施設に行ったり、スーパーに行ったりすると、いつもいる店員さんや、公共施設の職員さんからの目線が、厳しいです。

 

また、仕事をしている独身女性、仕事をしながら主婦業、育児をしている女性からの嫌味や、軽蔑の眼差しが辛く感じる時があり、疎遠になった人もいます。

 

特に、子供がいなくて、専業主婦をしている私は、世間からの風当たりが強いように感じます。美容室に行っても、保険の営業の人にあっても、お仕事は?とまず始めに聞かれ、主婦をしているというと、たいていいいですね〜と言われます。

 

金銭的な余裕よりも、自分の健康や体力を優先してつつましく生活しているだけなのですが、世間からは、楽をしていると決めつけられているようで、外出するのも気が重い時があります。

 

器用に仕事も、家事も育児もと、こなせないことがとても悪いことのように感じてしまうのです。

 

専業主婦をしながらも、やるべきことが多く、けして楽をしている人ばかりではないので、仕事をしてお金を稼いでいる人も、もう少し心にゆとりをもって、仕事をしてお金をもらっていない主婦という生き方を認めて欲しいと思います。